仮想通貨の初心者から上級者までの幅広い情報を発信します。記事順次投入中です!

  1. 仮想通貨に関わる技術
  2. 21 view

暗号通貨は量子コンピュータで解読可能? NO! RSAやECDSA技術とは

Quantum - 暗号通貨は量子コンピュータで解読可能? NO! RSAやECDSA技術とは

概要

IBMは、2017年の11月に量子コンピュータを開発しました。

WEBメディアによると、すべての暗号は、このコンピュータにより解読されるとのことです!

もしそうだとすると、仮想通貨は、消滅します!

これは、本当でしょうか?

結論: NO

暗号が解読された時には多少の混乱はあるでしょうが、新しい方法や技術が使用され、さらに強い暗号になります。よって、あまり心配しなくていいです^^

私は、暗号について20年以上の専門家である友人に今倍会いました。

rr?rk=0100lbob00i1gp - 暗号通貨は量子コンピュータで解読可能? NO! RSAやECDSA技術とは

rr?rk=0100lb4m00i1gp - 暗号通貨は量子コンピュータで解読可能? NO! RSAやECDSA技術とは

 

基本的な質問

もし、ネット上の暗号が解読されたら、とても大きな混乱が地球上まわります。

銀行やクレジットカードの情報は、解読され、経済的なダメージはとてつもなく大きくなります。

よって、単に暗号通貨の問題ではありません。

もしこのようなことがあれば、責任ある人が確かにこの問題を即座に解決すると信じてます。

しかし、サトシ・ナカモトの論文を読むと、ハッシュのアルゴリズムがありますが、強いようには見えません。単純すぎます。

 

IBMが量子コンピュータで現在の暗号を解読したとしたら、対処する人は、暗号を強める方策を即座にとるでしょう。

よって、これを確かめるために、暗号を20年以上専門にしている友人に会いました。

 

 

暗号の専門家の見解

その専門家の見解は、私の見解に似ていました。

これから紹介する暗号のアルゴリズムは、業界で広くシェアされているとのことです。

1978年には、暗号の鍵は、512bitで、これを解くには10万年以上かかるといわれてました。

ところが実際は、30年で解かれました。

よって、現在は、2048bitの暗号キーが使用されています。

量子コンピュータのような計算機は、入力と出力があうように、この鍵で計算を幾度もします。

この暗号方式は、RSAと呼ばれてます。Rivest, Shamir, Adlemanという3人の発明者/研究者の名前からとっている、1978年の技術です。

 

2048bitは、2の2048乗のパターンの計算が必要なことを意味します。

この数値は大きすぎて、関数電卓でもエクセルでも計算値が出てきません。

この値は、

32317006071311007300714876688669951960444102669715
48403213034542752465513886789089319720141152291346
36887179609218980194941195591504909210950881523864
48283120630877367300996091750197750389652106796057
63838406756827679221864261975616183809433847617047
05816458520363050428875758915410658086075523991239
30385521914333389668342420684974786564569494856176
03532632205807780565933102619270846031415025859286
41771167259436037184618573575983511523016459044036
97613233287231227125684710820209725157101726931323
46967854258065669793504599726835299863821552516638
94373355436021354332296046453184786049521481935558
53611059596230656

TOO BIG!

試しに2の512乗の場合は、

1.3408 * 10の154乗

です。

これは、

1.34 x 1兆 x 1兆 x…..(1兆を12.8333回かける)

この例から2の2048乗数がいかに莫大な量かわかると思います。

コンピュータは、この莫大な量の回数の計算をする必要があります。

よって、2の2048乗の場合は、この計算を4セットやることになります。

 

万一、計算機の性能が強くなると、暗号のキーもビット数を大きくして対処します。

この方法は、直線的な計算の増加ではなく、指数関数的な強力な増加となります。

 

よって、より難しい暗号のための簡単な方法は、デジタルビットを増やすことです。

これは、とっても簡単な方法です。

これが簡単すぎると思われたら、別の方法を考えることも可能です。

 

よって、暗号解読を防止することができます。

ある特定の期間に、暗号が解読されたら、混乱は多少はあるでしょう。

でも、そのような混乱はすぐに解決されるでしょう。

 

ちなみに、Bitcoinで使用されているアルゴリズムはRSAでないです。

現在4つの主な暗号問題があります。

BitcoinはECDSAを中核技術として使用しています。

ECDSAは、 Elliptic Curve Digital Signature Algorithmの略で、楕円離散デジタル認証アルゴリズムの略です。

これは、楕円離散対数問題を扱っています。これは、GoogleのAuthentficationにも使用されています。

ECDSAのメリットは計算するbit数を小さくできることです。

 

もし量子コンピュータによってより高速に計算できるようになったら、このbit数をもっと大きくして計算できない値にする、というのが基本的な対処方法ですが、別の方式も編み出されることになるでしょう。

 

まとめ

量子コンピュータが仮想通貨の暗号を解くという話は、未熟です。

量子コンピュータの技術が向上しても、より厳しい暗号をあけることは可能です。

よって、心配しすぎる必要はありません。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨に関わる技術の最近記事

  1. サトシナカモト英語原論文【徹底解説】ブロックチェーンの肝は?

  2. 暗号通貨は量子コンピュータで解読可能? NO! RSAやECDSA技術とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

636a82fd6e2d227aae9da34e2ffab1a4 m - 暗号通貨は量子コンピュータで解読可能? NO! RSAやECDSA技術とは

おすすめの記事特集

  1. オススメ取引所

    bitbank 初心者向け入出金方法(日本円)・使い方と反映…
  2. オススメ取引所

    Binance【初心者向け】コインの送付・受取と手数料及び反…
  3. 仮想通貨に関わる技術

    サトシナカモト英語原論文【徹底解説】ブロックチェーンの肝は?…
  4. オススメ取引所

    bitFlyer【初心者向け】コインの送付・受取と手数料及び…

ビットコインならbitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。