仮想通貨の初心者から上級者までの幅広い情報を発信します。記事順次投入中です!

  1. 初めての仮想通貨
  2. 70 view
   

仮想通貨取引・投資のルールを設定しよう!【初心者向け】

crypto asset 50manyen - 仮想通貨取引・投資のルールを設定しよう!【初心者向け】

仮想通貨に関わらず、投資においては、ルールを設定した方が良いです。

なぜかというと、お金が絡んで来るので、うまく行けば調子にのるし、悪くなっても熱くなりすぎて資金を追加で入れて失敗することがあるからです。

一言で言うと、「感情に流される

ルールはもちろん、絶対ではなく、その時々の状況で対応の仕方を変える必要が出る場合もあります。

ただ、ルールを設定して実施した投資と、そうでない投資では、投資力や経験の蓄積が違ってきます。

なぜなら、ルールを言葉にして記録し、それを振り返る、この行為によって、いい加減な投資が減るからです。

それでは、どうやってルールを作ったらいいか、初心者向けに考えていきましょう!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

いくらお金を投入できるか? 投入資金ルール

まずは、一年間のスパンでいいので、いくらお金を投入できるか決めていきましょう。

そして、それをルールにしましょう!

「どうやって考えればいいの」と思うでしょう。

現状は、仮想通貨市場は、希望もありますが、リスクも高く、裏打ちできる経済合理性も指標がありません。

よって、「最悪、全部なくなってもいい額」「80%位損してもいい額」で設定しましょう。

この額は、いくらかは、年齢や収入によりなくなってもいい額が違うこと。たとえば、お年寄りであれば、年金の中で生活しているので、その範囲になりますし、若者の場合では、多少損する範囲が大きくてもリカバーが効きます。

自分が貯蓄に回せる額の10%~30%位の範囲で設定するのが妥当です。若くて貯蓄よりも消費に、今は回したい、投資に回したいというのであれば、それ以上でもかまいません。

ただ、株式投資よりも市場が未成熟なので、リスクもかなり高いと認識する必要があります。

以下のようにルールを設定してみましょう!

例: 自分の年間の貯蓄額はXXX万円。その20%のYY万円までの範囲で仮想通貨に投資する。

 

なお、私の例ですが、資産の6%から最大25%までとしていました。25%はかなり確信持てた時に投入する最大値です。

 

 

撤退ルール

是非、うまく投資を継続して欲しいとは願いますが、想定外のことが起こったり、市況が突然悪くなって成果が望めなくなることもあります。

そういう時のために、撤退ルールも決めておいた方が良いです。

人間には、「損失はなかなか認めたくない」という心理があるので、損失が出てきたら、もう値段とか確認するのがいやになってほったらかしにする、その結果、さらに損失が広がるということがあります。

投資している以上、真剣勝負です。ほったらかしはいけません。

よって、投資してから、徹底の方法を決めるのでなく、最初に、クールな時に決めておくと良いです。

徹底的に、撤退しないつもりでやる、というのも有りです。

では、どういうルールかですが、時期的なものや資産減少からくるものなどあります。

 

例1: ビットコインの値段が、半年たってもXXX万円以下なら、相場に見込みがないので、投資資金を半分または全額引き上げる。

例2: 長期投資なので、1年損していても基本的には撤退しない。ただし、ニュースを見て、あきらかに将来がないと判断できたら、撤退する。

例3:  投資資金のXX%がなくなったら、撤退する。

例4: 投資資金が200%程度になったら、140%をお金に戻して部分撤退する。残りのお金は好きな内容に投資する。

 

自分の場合ですが、投資資金の50%になる時が撤退タイミングとしてました。

そして、部分撤退として、利益が出たら、130%お金に戻してあとは自由に投資する、としていました。

この30%というのは投資の利回りでもかなり高い部類に属するからです。

 

binance 300x158 - 仮想通貨取引・投資のルールを設定しよう!【初心者向け】

 

運用ルール

投入資金のルールと撤退ルールについて説明しました。

これは、INとOUTの戦略です。

それでは、日々の投資、トレードや運用について心がけることは何か、ルールをどう設定すればいいかについて説明します。

まず、仮想通貨について、何を対象に投資するか考える必要があります。

 

ポートフォリオに関わるルール

自分なりのポートフォリオ、つまり何にどの程度投資するかを設定します。

これは、株式投資などでも同様です。日本株、外国株、投資信託、債権などありますが、自分として、どのように市況を見ていて、どのような配分で運用をしようとしているのか、市況の変化をどう見ていて、どういうふうに市況が変化したら、どう配分を買えるのか。

たとえば、2018年2月からNYダウや日経平均が暴落しましたが、今後どうなることを想定しているのか、複数シナリオがあるといいです。

  • 20-30%暴落したら、どう行動をとるのか。->今は現金に30%程度しておき、20%暴落したら15%買い増す、40%暴落、または復活の見込みがあればさらに15%買います。
  • 半年様子を見て、暴落の様子がなければ、買いましする。

ポートフォリオの設定は、資金によりますが、以下を参考に自分のしたい投資をもとに設定してみましょう。

 

Your Canadian Cloud Mining Solution with live stream of our data center.

 

運用ルール

ポートフォリオが決まったら次に運用ルールです。

これは、どういう時に買うか、どういう時に売るか、どういう時に休むか、の3つを規定すれば良いです。

1.買い方ルール

買いたい時に、全力ですべて一日で買い、というのも有りです。ただ、投資で利益をあげるには以下に留意する必要があります。

1. 長期時に利益を上げられる銘柄を厳選して選び、それを適切な高くない価格で選び、あとは長期ホールドする。

2. 長期的に利益を上げられるか確信持てなくても値段があがる可能性があり、それを一番安い時に買い、一番高い時に売る

仮想通貨の場合は、長期的に利益をあげられる銘柄を選択する時に、株式のような経済合理性を数値で表す指標はありません。

私の場合は、「実需で多くの人がさらに使うようになるか」を重視しています。多くの人が使う->多くの人がさらに購入するようになる->値段が上昇する、というロジックです。

また、一番安い時に買うというのは、とても困難で、私の経験からは、正直実現不可能に近いです。

では、どう判断するか。

まずはチャートによる過去の記録から、今が値段が底に近いか、あるいは上昇トレンドに入っているかを確認します。

このチャートによる判断は、すべて当てにはできません。なぜなら、チャートは、過去は教えてくれますが、未来のイベントは教えてくれないからです。過去のチャートと違う事実がでてきくると、暴落や暴騰があるからです。

次にはニュースのチェックです。市況全体の把握がまず重要です。

そして、その銘柄に関係したニュースを日々ウォッチしていきます。

実需の可能性が増えたのに市況が悪くて暴落している時、あるいはネガティブなニュースが出て、そのコインが売られたが、コイン自身に実力があり、たまたま売られた場合、などがチャンスです。

そういう時に投資をすれば良いですが、「一発で一番いいタイミングで投資する」、これって不可能だと思いませんか?

よって、2回か3回に分けて投資すると良いです。その間隔は、時期で数週間おきとか数ヶ月おきにしてもいいですし、値段で、今の値段、今の値段から20%下がった時、今の値段から40%下がった時などとしても良いです。

下がらなかった場合は、すべて購入できてなくてもかまいません。いつか暴落した時に別のものを買い増す資金でとっておいてもいいからです。

是非、買う前に、この買い方のルールを自分で設定してみましょう!

あとは、そのとおりに実施します。ただ、勉強するにつれて見直ししてもかまいません。

 

2.売り方ルール

買ったら、いつかは売ります。どうなったら売るかを事前に決めておき、そのルールに基本的に従うのが良いです。

暴騰したらうれしくなり、人間の感情的にはすぐ売りたくなります。暴落すると、損を確定させたくないので、ずるずると売れなくなります。

これらの感情に流されないために、事前にルールを決めておきます。

このルールは、「いくら儲けたいか」「いくらまでなら損を許容できるか」により変化します。

ルールの例として、

・ある銘柄が50%上昇したら、半分利益確定。あとはチャートを見て、ピークになったら売り。
・ある銘柄が100%上昇したら、半分利益確定し資金還元。あとは長期ホールド。
・ある銘柄が20%下落したら、売却してその銘柄から撤退。

 

自分なりの売りのルールを決めてみましょう!

 

3.休みの時のルール

これは、買いもしない、売りもしない時のルールです。

基本的には、投資している以上、日々、市況を確認し、買いや売りの判断をしていく必要があります。ほったらかしはNGです。

ただし、市況が悪くて、すべて売却してしばらく様子を見たくなった時や大きなニュースが入る前は、休みの時です。

その休むルールを決めておくといいです。

例としては、

規制に関わる世界的な会議が予定されており、その内容次第で、相場は上昇または下落する。それが判明するまで、売買は控える。
相場が悪くて全面撤退した。一ヶ月~三ヶ月休んで、相場が持ち直すか様子を見る。

 

まとめ

仮想通貨の投資を始めるにおいて、投資資金のルール、徹底のルール、運用のルールについて、ポートフォリオ設定含めて、設定方法を解説しました。

これらのルールを決めたら、紙に書いて、張り出しておくのがおすすめです。

ルールなので、絶対ではなく、変更は可能ですが、いきあたりばったりにならないように、しっかり考えて対応していきましょう!

 

 

注)本サイトでは、なるべく情報をまとめたつもりですが、個人の意見を述べたのものであり、結果を保障するものではございません。また、仮想通貨はまだ未熟な市場です。投資判断はあくまでも自己判断・自己責任でお願い致します。本サイトの情報にもとづくいかなる損害も責任も負うことはできません。

初めての仮想通貨の最近記事

  1. 仮想通貨取引・投資のルールを設定しよう!【初心者向け】

  2. 仮想通貨のウォレットの一覧とおすすめ

  3. 仮想通貨の口座開設の一般的方法

  4. 仮想通貨はどうやって始めるの?

  5. 仮想通貨とは?儲かる?抑える4つの取引

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

636a82fd6e2d227aae9da34e2ffab1a4 m 300x200 - 仮想通貨取引・投資のルールを設定しよう!【初心者向け】

おすすめの記事特集

  1. オススメ取引所

    bitpoint (ビットポイント)初心者向け 口座開設や登…
  2. 通貨購入のガイド

    リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取…
  3. 投資実践

    仮想通貨の適正価格・指標を知るためのファンダメンタルズ分析の…
  4. オススメ取引所

    bitbank 【初心者向け】口座開設や登録2段階認証等設定…

ビットコインならbitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。