仮想通貨の初心者から上級者までの幅広い情報を発信します。記事順次投入中です!

  1. 節税・税金・確定申告
  2. 182 view
   

東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

TAX - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

仮想通貨の確定申告の作業を段階的に行いながら、初心者向けの記事も作成していました。

多量の複雑な取引を整理していきます。何回かのシリーズになりますが、今回は東京JPY発行所とGatehub編です。

東京JPY発行所では、ウォレットがなく、Gatehubを利用することになっています。

なお、税金計算上の疑問点については、税務署にも適宜電話で確認していきます。

 

rr?rk=0100lhiv00hxb7 - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

BinanceIcoin - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

 

東京JPY発行所/Gatehub

 

東京JPY発行所は、電話対応はありませんでしたが、RippleのXRPを購入するために、当時取引所をいろいろと調べましたが、ここの取引所が良さそうとの評価により選択しました。

メールで質問しても回答はすぐに回答が返って来ました。

 

東京JPY発行所/Gatehubの昨年の取引データの生データのエクセル出力

 

東京JPY発行所

 

それでは、東京JPY発行所にログインして履歴を見ます。

なんと、2017年の9月に業務を終了したとのこと!! ちょっと早すぎじゃないかと思いますが、今まで知りませんでした。8/6に登録したのに一ヶ月で休業するとは… やはりしっかり登録制にしないといけないですね!!

 

当社団は2014年7月2日に設立し、今日まで約3年超にわたり、リップルシステムに関する営業を続けてまいりました。そのような折に2016年の12月28日に改正資金決済法が国会で成立し、同法が2017年4月に施行され、仮想通貨に関する規制として仮想通貨交換業者の登録制が新設されたことを受け、当社団の業務が仮想通貨交換業に該当するかどうかについて関係者と協議の上で検討を継続しておりました。

その検討を受け、利用者の皆様に対するサービスの今後の安定的な提供等を総合的に考慮した結果、当社団の業務としては、2017年9月末で当社団の出金(払戻し)以外の全ての業務を終了する結論に至りましたので、ここにご報告いたします。 皆様にはサービス終了に関するご不便をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。 なお、既存の会員の皆様には、出金(払戻し)につきましては、これまでと同様の形で継続して実施いたしますので、出金(払戻し)をご希望される場合、通常の出金手続きをお願い致します。ご不明な点などがございましたら、 「お問い合わせ」フォームよりご連絡いただけますと幸いです。

出典: 東京JPY発行所 HPより

口座にはお金はほとんどのこってないはずですが、履歴などダウンロードできるかが疑問なので、調べてきます。

日本円の残高は、0円でした。(ホッ)

でも、預け入れ手数料とか結構高かった記憶です。たしか5000円とか、それ以上した記憶です。

それは経費として控除しないとです。

調べてみました……

でも、記録類のPageはありませんでした。営業を停止したのでなくしたのでしょうか。

私の記憶では、

日本円で入金->JPYという通貨に変換->JPYをGatehubに送金してXRPと交換

の手続きだったと思います。

ここで、JPYという通貨に変換した時に、5000円だの、3万円?だのとられた記憶であり、「手数料が安い」

とうたいながら、しっかりとられているので、今後は使用できないな、という記憶があります。

最初の頃は、自分の記録用にエクセルに概略の取引履歴を残していました。

ありました!

東京JPY発行所 2017/8/14 JPY 994622.0000 -5378 JPY両替手数料

これによると、100万入金してますが、5378円とられてますね。

率につして、5.378%です。しょうがないので、この記録をそのまま使います。

 

GATEHUB

どう整理するかは、次のGatehubの履歴をもとに考えます。

なんと、Gatehubには、 Ripple 30.7855 残っていました。

沢山つくりすぎてあとで整理にこまる銀行通帳と同様で、このRippleは、Binanceにあとで送付します。

手数料を考えて、ぴったり0にするようにしようと考えてます。

それでは、Gatehubから記録を取り込みます。

以下の記録も、下から上に記録が積み重なってます。日本のだけでなく、海外のも逆の順ですね。

海外の逆だから日本のも逆になったのでしょうか?

 

気になるので、証券会社のSBI証券で並びを見てみました。やっぱり下から上に入金履歴が並んでました。これは、最新のものを目の前で出す、というコンセプトかもしれません。

それでは、銀行の入出金のCSVファイルがどうなっているか調べてみました。(SBI住信) すると、やはり下から上に並んでました(汗) やっぱりそのコンセプトのようです。

でも、米国系のAmeritrade社の過去の取引のCSVファイルを見てみました。そうしたらやっぱり上から下の順で並んでます。このFileはSORTした形跡がありません。

よって、画面に表示上は最新を示すということで、一番上に最新でいいと思いますが、CSVファイルは記録をTrackする目的なので、やはり上から下に並べて欲しいです。

 

この話はいいとして、先に進みます。

いろいろ複雑です、Gatehubの記録は。下から上に解説しますね。

GH1 - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

 

まず一番下の22XRPは、Ripple取引用に必要なDepositで、これは自分で払うのでなく提供されました。赤丸の箇所です。よって、ここは所得にする必要があります。

そして次の上のオレンジの丸印ですが、100万円入金しましたが、さきほどの説明のように手数料をとられて、994622JPYに変換されてます。ここでは、その手数料が提示されてません。

ここは、記録は必要有ません。なぜなら、次の上の方の記録がすべてXRPと日本円に相当するJPYが提示されているからです。

次のオレンジの四角ですが、ここが取引が完了している履歴です。

18000XRPを344160JPYで購入し、その時のレートかが、19.12だったと記録されてます。掛け算して検算しましたが、ぴったり合ってます。

そして、その上が青い色ですが、これは無視していいです。注文を入れた情報ですが、約定するか否かは別なので、参考情報です。

このように、履歴が入り乱れており、また文章で値段が入っていて、表形式でないので、これはコピペーでエクセルに残念ながらもってこれません。

ひとつずつ手で入力するしかありません(汗)

これは結構厄介ですね。私の場合は、取引は、20位でしたから、その位の取引ですみます。それもひとつの注文が10回位にわかれて細かく約定されるので、とても多くなります。

もし、これが100以上とか、1000以上になったらやってられなくなります。

恐らくそう感じたひとは、その取引所を二度と使用しなくなるのではないでしょうか?

では、これからエクセルに入力をしてみます。せっかくですので、タイマーで時間を計ってみます。

できました。19分かかりました。40行分の転記です。

まず日付ですが、上記の画面では日付情報がありません。

“You sold…”とか記述してあるところをクリックすると以下の画像が出てきてわかります。

 

GH2 - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

 

そして、前回のGMOコインのエクセルと同じフォームに転記していきました。

以下、長くなりすぎので一部非表示にしましたが、42行あります。

GT3 - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

 

ここで、通貨の単位がわかるように緑の箇所はXRPとしました。

そして、右端にレート欄を入れました。これは、XRPとレートから日本円で幾ら分か計算するためです。

そかし、この時最初は、XRPを19.11で買ってますね。このまま保持して高値で売り抜けていれば、15倍位になってましたね…そういうもんです。

ここで、売りを行っているので、まずここで利益計算が次に必要です。

それから、送金する時のXRPがレートでいくらか、計算する必要があります。

よって、エクセルを少し修正します。

以下、長くなるので売り買いの細部の注文は非表示にしています。

 

G4 - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

上記の右端のレート欄ですが、これは利益の計算に使うので計算していれます。もともとのデータにあるものをコピーしてもってきたり、XRT/金額の式を入れても出せます。

そして、6行目で売ってますので、7行目を挿入して、利益を出しています。

利益の式は、

3500*(20.72971-19.12)ですが、それをセルの計算式で表すと、

=D6*(H6-H5)です。19.11で少しだけ買ったものもありますが、小さい値なので丸めています。

そして、そのあとに必ず残のXRPとレートを記載しておく必要があります。(8行目)

そして、また売りをしてまのすで、同様に17行目で利益の計算です。

最後には、勝ってますので、その分を48行目で合計しており、8行目の残XRPをそのまま49行目にコピーして合算して、50行目に残XRPトレートが記載してあります。

そして、41337は送金してますが、レートとともに示しています。ここではどこに送金したかは記憶しませんので、あとでつきあわせします。

ここで気がつきましたが、送金のあとに残ったXRPがありますね。口座に残っているものです。ここも記載が必要です。

GH5 - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

この残XRPは、翌年分の確定申告用ですが、GATEHUBは確定申告用のデータがだしにくくてたいへんなこともありますので、BINANCEに移して0にします。

ところが、取引所では、25XRP程度は残しておかなければいけない、Rippleの約束になっているようで、送金はできませんでした。

よって、Gatehubはこのまま休眠口座です。

 

まとめ

東京JPY発行所は閉鎖されていました。GATEHUBと当時の記録により、取引履歴をエクセルで作成しました。

また、利益計算もここでしました。利益の総合計は、他の取引所の分含めてまとめてします。

疑問があれば、コメント頂ければご回答または記事の修正もいたします。

 

rr?rk=0100lhiv00hxb7 - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)
BinanceIcoin - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

 

節税・税金・確定申告の最近記事

  1. 仮想通貨の税金【半額以下】に!節税対策とエクセル計算で書類作成

  2. 仮想通貨の税金の計算エクセルで整理!驚愕の結果~総整理(その2)

  3. 仮想通貨の税金の計算エクセルで整理!なるべく簡単に総整理(その1)

  4. Binance編~仮想通貨の税金計算エクセルで!多数取引整理(その13)

  5. POLONIEX編~仮想通貨の税金計算エクセルで!多数取引整理(その12)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

636a82fd6e2d227aae9da34e2ffab1a4 m 300x200 - 東京JPY発行所/Gatehub編~仮想通貨の税金の計算をエクセルで!多数の取引の整理(その3)

おすすめの記事特集

  1. オススメ取引所

    bitpoint (ビットポイント)初心者向け 口座開設や登…
  2. 通貨購入のガイド

    リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取…
  3. 投資実践

    仮想通貨の適正価格・指標を知るためのファンダメンタルズ分析の…
  4. オススメ取引所

    bitbank 【初心者向け】口座開設や登録2段階認証等設定…

ビットコインならbitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。