仮想通貨の初心者から上級者までの幅広い情報を発信します。記事順次投入中です!

  1. 通貨購入のガイド
  2. 255 view
   

リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所

XRP 1 - リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所

仮想通貨に興味を持って、最初に購入してみたいコインは、シェアNo1で、仮想通貨の元祖ビットコインでしょう。

では、次に購入したいコインは何か?

国際送金に使用することを積極的に各国の銀行と調整し、実需フェーズに早く入ることが期待されるリップルのXRPでしょう。

XRPの値段が実需の増加により上がっていくことも期待したいですが、私は、海外の仮想通貨を日本円に戻す時にはXRPを主に使用しています。

例えば、仮想通貨の相場が暴落しそうで、円に戻しておきたいとします。ビットコインで送付すると、送付する時間の40分~へたすると数時間の間に相場が暴落して、円への変換が不利になるのです。

その点、XRPなら送金が7,8分ですので、国内の取引所に戻してすぐに日本円に変換できます。

送金の手数料も安いです。

0.15XRPなので、1XRP=52円(2018/4/7)だけど、もし100円になったとしたら15円。

 

初心者向けに、XRPは、一体いくらから買えるのか、今後の価格がどうやるのかやおすすめの取引所をご紹介します!

rr?rk=0100lbob00i1gp - リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所rr?rk=0100lb4m00i1gp - リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所

XRPはいくらから買えるのか?

XRPを安いレートで購入できる取引所は、bitbankです。その他の取引所は、割高です。

ビットコインは1円からでした。さて、XRPは………….

取引単位は、0.0001XRPです。これは、0.005円に相当します。

これで買ってみましょう! たぶんビットコインと同様、実際は切り上げられて1円払うはずです。

出来ました!

0.0001XRP買えました! ところが、bitbankでは、買った時に差し引かれる日本円が取引履歴で出てきません!

よって、日本円が減ったか否かは、残高の変化で確認するしかありません。

よって、Before/Afterで確認です。

すると、なんと、bitbankでは、1円取られていません!

 

XRP before after 300x130 - リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所

リップルは、0.0001増えてますが、日本円は、1円以下も計算されています!

払った額は、0.0053円です!

結論として、

1円以下から買える!

ということです。

かなり良心的ですね。

 

まぁ、銀行に貯金する時も1円で貯金する人はいないと思うので、1円からでも買えますが、最初お試しでは、1000円とか5000円とかから始めると良いのではないかと思います。

参考までに以下の記事があります。

 

XRPを買うためにすることは何か?

次のステップでXRPを買います。

  1. 取引所の口座開設の申し込みをする。
  2. 本人確認用のハガキが数日位で自宅に書留で届く。
  3. 日本円入金
  4. XRP購入

1の口座開設の申し込みは、初心者の方でも15分位でできます。難しくはありません。

ただ、すぐ購入ができるわけではなく、犯罪などに使用されないために、本人確認のハガキが書留でご自宅に届くことになってます。そのための日数が数日かかります。

そして、口座で取引できるようになったら、銀行から日本円を入金します。

銀行の営業時間の中で送金すると着金しますが、住信SBI銀行などを使用すると24時間休日でもすぐ振込が出来て、取引ができるようになります。(送付金額が大きかったりすると、10分位は待つことがあるかもしれません)

そして入金されていることを確認できたら、XRPの購入も24時間いつでも実施できます!

 

今後の価格はどうなるのか?

値段があまりにも変わることが多いので、何とも予測することは困難です。楽観シナリオと悲観シナリオを併記します。

ただ、ビットコインと違って国際送金に実需として使用されることが期待できます。

楽観シナリオ

  1. 仮想通貨は、今までも暴落と暴騰を繰り返してきたので、値段が下がってしばらくしたらまた上がる。
  2. XRPは、国際送金という実需に使用されることが期待でき、また管理する主体もあるコインで、使用する人、つまり買う人が増えると価格の上昇が期待できる。
  3. 特に国際送金の中でも、現状、スプレッドが大きい主要通貨以外(ドルやユーロ以外)の取引に期待できる。

悲観シナリオ

  1. ドル送金に置いては、XRPのレート変動が大きくなると損失の可能性があり使用されない可能性もある。
  2. 該当国で、その国の通貨を保持する銀行や証券会社の口座と仮想通貨の取引所が連携できないと、取引が大きくならない。

リップルは各国の銀行と精力的に調整をしていますので、多少の困難はありますが、手数料が安くなることと、送金が早くなることを考えると、技術の改善を含めて対応していくと予想しています。

なお、値段がどうなるかについては、XRPを例に以下の記事でまとめています。

 

おすすめの取引所は?

仮想通貨の売買には、買う人と売る人で値段を決めていく、参加型の取引所と、取引所自らが値段を設定して売買する交換所の2種類があります。

このうち、売買する立場から有利に購入できるのは、参加型の取引所です。

これが可能なのは、日本ではbitbankしかありません。

 

取引をかなり実施してきましたが、以下の3つの観点が必要です。

  1. 大手の企業で資本を多く持っていること(いざという時に補償ができること)
  2. 取引所のシステムが強固で安全性があること。
  3. いざ、購入したくなった時にすぐに資金を投入して売買できること。

1についてはbitbankはbitFlyerほど大手ではありません。ただし、金融庁の登録もすんなり許可をもらい、特に問題を起こしておりません。

自分も長らく使用していますが、問題を経験したことはありません。

また、3も、経験上、特に重要です。

何か関連するニュースなどが入って、「よし、今買うと良い」と思うことは結構、仮想通貨ではあります。そして24h取引ができます。

ただし、銀行からの入金に対しては、15:00までの間に送金処理すると順次処理されることになっています。24時間対応はしていません。

私自身は、XRPを購入する時もそうですが、海外の資金を引き上げる時に、メインで使用している取引所です。また出金の額は無制限ですので大量の資金を動かす時も便利な取引所です。

また、取引手数料が0なのも非常に嬉しいところです。

 

rr?rk=0100lbob00i1gp - リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所

rr?rk=0100lb4m00i1gp - リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所

 

まとめ

初心者向けにリップル(XRP)の買い方と、いくらから買えるかを説明しました。

今後の価格については断言できませんが、仮想通貨の中では実需に近くまた管理する主体があることが有利です。

今後の見通しも楽観シナリオと悲観シナリオで述べましたのでご参考にして頂ければ幸いです。

 

通貨購入のガイドの最近記事

  1. QUOINEX【初心者向け】口座開設や登録2段階認証等設定方法 図解あり

  2. QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは?特徴・評判やメリット・デメリット

  3. GMOコインとは?特徴・評判やメリット・デメリット

  4. リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所

  5. bitbank 初心者向け入出金方法(日本円)・使い方と反映時間・手数料

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

636a82fd6e2d227aae9da34e2ffab1a4 m 300x200 - リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取引所

おすすめの記事特集

  1. オススメ取引所

    bitpoint (ビットポイント)初心者向け 口座開設や登…
  2. 通貨購入のガイド

    リップル(XRP)の買い方いくらから?今後の価格やおすすめ取…
  3. 投資実践

    仮想通貨の適正価格・指標を知るためのファンダメンタルズ分析の…
  4. オススメ取引所

    bitbank 【初心者向け】口座開設や登録2段階認証等設定…

ビットコインならbitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。